腰痛体操と腹筋

腰痛は整体で対処

横隔膜を鍛えて腰の痛みを克服


腰痛体操と横隔膜


腰痛の原因の一つに筋力の低下があげられます。

それを補うために腰痛整体師は腹筋を鍛えましょうと言われます。


腹筋を鍛えるといっても、いわゆる腹筋の筋トレ(足を固定して、状態を上げる筋トレ)をやっても腹直筋を鍛えるだけで、腰痛に効果的なトレーニングにはなりません。

それどころか、逆に腰痛持ちの人がこのようなトレーニングをすると余計に腰を痛めてしまう可能性があります。

鍛えるべきところは「腹横筋」なのです。

腹横筋はお腹の中で背骨から前にぐるりとコルセットのように囲んでいる筋肉です。そもそも腹横筋を鍛えると、体の姿勢を正常に保つことが出来ます。

このコルセットが鍛えられれば腰痛になりにくい体になるのです。

腹横筋を鍛えるためのエクササイズとしては腹式呼吸があります。

腹式呼吸をする時にお腹の周りに手をあてると、内側が持ち上がったり、へこんだりするのが分かります。それが腹横筋なのです。

ゆっくりとお腹をへこませたり膨らませたりする呼吸をすると腹横筋が鍛えられ、腰痛になりにくくなります。

もちろん、即効性はありません。根気強くやることが大切です。また、若い女性を中心に人気のあるピラティスはダイエット効果だけではなく、腹横筋に意識を集中させて行う動きが多いので、非常に効果的です。

腹横筋を鍛えて腰痛対策しましょう。


五十肩腰痛頭痛腱鞘炎 耳鳴り改善
痛みの原因
症状の原因と治療耳鳴り難聴
治療急性低音障害型感音難聴(低音型突発難聴)とは?
症状薬物性耳鳴とは?

五十肩腰痛頭痛腱鞘炎 耳鳴り改善



Copyright© 腰痛の原因とは?. All rights reserved.